グラフィックにまつわる仕事

あれもこれもグラフィック

人間は目にするものから大きな影響を受けることが、様々な事例に基づくデータにより明らかになっています。人に何かを印象づけようと思えば、まず視覚に訴えることが大切です。そして、この視覚への影響力に最大限に訴えかけることができるのが、ちまたにあふれるグラフィックです。グラフィックという言葉の意味は、あえて考えることはないかもしれませんが、参考までに記しておくと、視覚表現のすべてを指すのだとか。分野は多岐に渡り、多くはポスターや広告や雑誌などの紙媒体、また近年ではインターネット上のコンテンツなどでもその効果を発揮しています。街中のビルに貼られたポスターや車内広告、商品のパッケージなどもグラフィックデザインです。また、アクセスするお気に入りのサイトのトップページや全体のデザインもグラフィック効果ですね。特殊映像を用いたCMや映画、プロモーションビデオなどにも、コンピューターグラフィックつまるCGが用いられています。

人の視覚に訴えかけて印象を残さなければならないわけですから、それなりに体裁が整えられたもので、そこにはコンセプトやデザインが存在します。グラフィックを多様する出版や広告や印刷、また映像やゲームなどの媒体に関わる人の中には、グラフィックの存在意義を高く評価して、グラフィックデザインの仕事へと転職を検討することもあります。また、自分の作品を世に出したいと願う人や、センスを磨いてきたデザイン志望の人などは、グラフィック業界で自分の力を発揮したいと思い、転職を繰り返してグラフィックデザイナーに就くこともあるようです。表現媒体に関わる人は特に、常に新しいデザインが求められることや、それに答えうる人材がどこにいるかということにアンテナを張り巡らしています。

グラフィック 求人また、以前からグラフィックを用いた仕事に興味があり、学校などに通って知識とデザインの基礎を身に付けたり、独学でDTPを学んだりして、転職に備える人もいます。いずれも、何かを表現したいという動機の強い場合が多く、特に転職の場合は、経験が重要視される業界なので全くゼロからのスタートはなかなか厳しいものがあるようです。仕事として行なったことはなくても、自分の作品集などポートフォリオとしてしっかり作って面接に臨むのがよいでしょう。

ページの先頭へ